イタリアのストライキを上手く回避する方法!

イタリアのストライキですが頻繁にあります。

これは遅延とはまた違うので、事前に知っていると予定を組み替えれるのでイタリアで出張旅行される際には是非チェックしてみて下さい。

http://scioperi.mit.gov.it/mit2/public/scioperi

サイトはイタリア語になりますが、

日時、便名などが書いてありますので分かると思います。

個人的にストライキになりやすいなと思ったのが、1月1日です。

移動日を元日にしたり、

ホテルの予約なんかもホテルサイトを通して元日に予約するとこれまでトラブルがいくつかありました。

24時間オートマティックに予約が可能だと思い込んでたのですが、

予約や変更が反映されてないという事がありました。

2018年、2019年より

鉄道、地下鉄、バスなどの予約システムや支払いがよりシステム化されアプリなんかで支払いが簡単に可能となりました。

要クレジットカードです!



ストライキ情報をいち早くゲットし、

元日をさけて予約しましょう!

フォローする

イタリアは第2位!ヨーロッパで議員数が多い。

イギリスに続き、イタリアはヨーロッパで

なんと議員数の多さが第2位!!!!

上院、下院合わせて1/3程の議員が削減となりました。

議員の削減が税金の有効な利用につながるとの考えで、支持率を上げる目的。

イギリスといえば失業率が高いイメージですが、議員数も多かったのですね。

政治に関して良く言うイタリア人はいません。

聞いたことがない。

企業や景気に話すと政治のせいだとイタリア人は言います。

討論番組は、毎日のようにあり終わらない終わらない問題を長々と話している。

政治に関する関心や情報は、若い方でも十分に知識がありますね。

驚いたのは、学生やアルバイターが政治家の給与額をきちんと知っていることでした。

そうなるとイタリアは完全なる不景気?!

と判断できそうですが、、、、

一部メーカー、飲食、富裕層の飛躍が素晴らしい。嘘のような格差です。



フォローする

1 / 3912345...102030...最後 »