イタリアのフランチャイズは日本と法律が違う!

私イタリアでいまだに、学校にも通っているのですが(社会人です笑笑) レッスン近くのフランチャイズ店に立ち寄りました。 オペレーション完璧。 パッケージ完璧。 なぜここまでしっかりしたものになっているか?! 日本より完全なものになっています。 その理由とは、、、、     日本とは違い、 イタリアは加盟店の損にならないようなシステムが法律にきちんとあります。 それを詳しく調べると、本体よりも 加盟店がきちんと運営していける仕組みになっていましたね。 詳しくは、弊社の顧客様のみ情報お伝えいたします。   さてさて、オーダーしてから3分で出来上がりましたPIADINAです。 シンプルなのにおいしい!!!! 個人店の方がそれはそれは美味しいですが、 提供スピードなんかを考えるとフランチャイズ店で購入も悪くはない。   うーん、イタリアで商売するなら小銭を稼ぐような業態がオススメ。 管理などクリアしないといけない事もありますが、良いのはキャッシュ商売かと思われます。

フォローする

イタリアだってフランチャイズ化の方向性

5年ほど前にローマでイタリア人スタッフと事務作業に追われていた時に、 昼食をゆっくり取れなかったためにPIADINAを食べたんです^_^ これが美味しい!!!!     giangustoというお店のpiadinaでした。 pizzaの一種ですが手軽に食べれるtake out やeat inとして親しまれています。 日本でいう、安い、早い、旨いの三拍子揃っているフランチャイズにぴったりのパッケージ。   外はカリッとしていて、カルツォーネとも違うし、定番の丸いpizzaとも違うし、クレープとも違うしpiadinaをゆっくりランチできない日にはもってこい! そこからほかのpiadina店にも周りました。 ホームページなどもきちんとあり、 パッケージ化きちんとされております。 ただ、、、違う点はシステムです。 イタリアにはフランチャイズの法律がありそこのところを次回の記事で書いていこうと思います。

フォローする

1 / 212