オーガニック商品がトレンド♡イタリアオーガニックブランドとの取引

今回はこちらのオーストリアオーガニックブランドコスメを持参。 最近オーガニックをうたったブランドが急成長ですね。主に美容や食品ですが今後期待できる業界です。 イタリアの食品メーカー周りだったはずが、 食品メーカーが化粧品も始めてる事が多くなかなか面白いんです。 イタリアの会社のやる事だから、ディスプレイもかわいい(^^)♡ 日本にトンボ帰りして一週間経たないうちに、またソウルへ♡ソウル経由でローマに向かいます。 飛行機の中の乾燥も気になりますよね。 この航空会社のアメニティは全てロキシタン♡♡♡♡ 航空会社と化粧品ブランドのビジネスクラス限定ポーチも家族のお土産にあげると喜ばれる(^^)(^^) 単価が高くてもオーガニックの品質の高い商品に女性って価値を感じて、手にとって、欲しくなって、気がつければレジに並んでるものなんです。   日本にあったらいいなと思う、ヨーロッパのコスメブランドも日本には入ってこないのが現状。 許可や様々な問題もあるし、後は直営店方式の会社なら本社が日本に出店しない限り日本には入って来ませんよね。 後はもう一つ。 化粧品関係の新規お問い合わせで、仕事の経験があるのですが。 日本の化粧品製造販売業って会社が中規模以上で、閉鎖的な事が多かったんです。 「イタリアの会社のホームページの決算書がみたい」と日本の会社からリクエストがありました。 日本の会社は、決算書をホームページに貼り付けてる事が多いですが。 ヨーロッパではほぼないと言えると思います。 まずイタリアの製造メーカーでホームページを持っているところは、1/10くらいではないでしょうか。 「イタリアの会社のホームページに決算書はないです。 」と回答すると。   「えっ、そうなんですか?!」と驚いた様子でした。 商習慣のギャップを感じた瞬間でした。 基本的にLOIを出さないと開示されないし、 それにまず会いに行く事が大切で、、、。   相手の会社が大きいからといって、イタリアの会社はやすやすと会社情報を開示することはないでしょう。 最低でも、会いに行く。 最高で、通訳を使わないで挑む。  

フォローする

デザインの秘密☆ハイブランドもファストファッションも同じところから買う。韓国アパレル輸入×イタリアアパレル輸入

ソウルにある椎羅ホテルに到着(^^)(^^) 一番と呼ばれるところに連れてきてもらい、満足です。 今回は私にとってとても勉強になる旅。 付き合いが10年くらいになるイタリア人ファッション関係者が話していたのは、韓国のアパレルレベルはとても高いという事。 高い理由は、クオリティだそう。     デザインは、アジア向けの可愛らしいものが多くヨーロッパブランドとは違うがなかなかのものだと話してくれました。 これが今日から遡れば5年前の話。 たしかにこの目で見ても今日のソウル卸売の視察は、商品が良かった♡♡♡ 価格も安い。厳しい事を言えばやはりダサい。ハイファッションには勝てないし、やはり、、、ゴミにしか見えない。 でも時代にあっているんだと思う。 私が企業秘密でイタリアでおこなっていたサービスも、韓国でもやっている会社があった。 同じことも考えてやっている人がここにもいるんだ、、、、。     まず、レベルがあがってきているのは 下請け工場をアジアに広げたとか安価な所を求めて開拓し過ぎたとか。 ブランド下請け工場が撤退してからも、 現地が商品を作り続けたというのも、事実だけど。 ほかに驚く事もある!!! ここからは、アパレルデザインの秘密を書きたいと思います。 イタリア人の友人が、30cm×30cmのデザインを山ほど持っていて、 柄や模様を世界中で売り歩いてる。 この柄を買っている会社の名前を聞いて驚きだ!!!!! 超老舗ハイブランドから、ファストファッションでの事業展開が近頃めまぐるしいあのブランドまで!   ここに会社名をかけないのが残念ですが、誰でも知ってる有名ブランドです。 ということは、ハイファッションからファストファッションまで同じ所から柄や模様を買ってるんです!!!! そりゃあ、大差なくなるわけだ。 この模様の販売価格は、一枚あたりooo€と価格がついていますが同じ値段で売るそうです。 そこからはデザイン、モデル、生地、製法、販売、プロモーションまでブランド独自の展開になります。 日本の企業でも購入してるところがあり、 彼が日本に来ると連絡があります。   需要があるんですね、日本でも!! 最近彼の動きを見てるとブラジルによく行ってます。 私も2011年に訪れたのですが、労働問題解決すればアパレルは伸びる国かもしれないですね。 イタリアの展示会でもブラジルからの出展ブース増えたように思います。 確か弊社のスタッフがスペイン語でやりとりしてた記憶が懐かしい。 輸出にも積極的だと思われます(^^) とにかくそんな理由で、デザインも世界中に巻き散らかり。 世界のブランドのセンスの水準が上がるわけです♡♡♡ これを踏まえても自信を持ってとずば抜けてオシャレで、現実的にマーケットにもあう価格で、おススメ出来るイタリアアパレル工場がたくさんあります。 お取引先を見直したい企業様、新規事業で輸入業を始めたい企業様、 お問い合わせ下さいませ。

フォローする